降圧薬のことを理解しておきましょう

高血圧の治療では、降圧薬を使用するのが一般的です。
血圧を下げ、臓器障害を進行させないことを目標に用いられます。
降圧薬を服用すれば高血圧は改善されますが、血圧が下がったからと言って自己判断で服用をやめてはいけません。
必ず医師に判断してもらうことです。
また、降圧薬を服用しているから、多少生活習慣が乱れても問題ないと考える人もいます。
降圧薬は生活習慣を改善するとともに効き目もアップするのです。
降圧薬を服用していても生活習慣が乱れていれば意味がありません。
降圧薬と一口に言いますが、いくつか種類があります。
カルシウム拮抗薬や利尿薬、ARBやACE阻害薬などです。
β遮断薬もあります。
もちろんですが、これら全てを同時に服用しないといけないわけではありません。
血圧は少しずつ下げることが鉄則です。
医師はこれらの薬から1つを選び、少量の服用からスタートします。
ちなみに、降圧薬は市販されていません。
医師の処方だけになります。