女性も更年期になれば高血圧になりやすい

女性は男性よりも血圧が低めなので、高血圧にはなりにくいと考えられています。
女性ホルモンに血管の収縮や老化を防ぐ作用があるのが主な理由です。
しかし、女性ホルモンの量は更年期あたりから急激に減少していきます。
高血圧になる確率も高まるので、女性と言えど注意しなくてはいけません。
更年期になっても、女性ホルモンが減少していることに気づくことはほぼできないです。
そのため、更年期前と同じ生活を送ってしまう女性も少なくありません。
更年期になったら、塩分は控えるようにし、食べすぎないように意識することが大切です。
また、更年期の女性は肥満に陥りやすいと言われています。
肥満は高血圧の原因のひとつなので、運動不足にならないように気をつけましょう。
運動と言っても、ハードなことをする必要はないですし、ジムに通う必要もないです。
早足での散歩やジョギング程度でも十分に肥満を防ぐことはできます。
無理のない範囲で運動を行うことが大事です。